サーバーを使って手軽に水素水利用

水素水とは水素が豊富に溶け込んだ水のことです。一般的に販売されているペットボトルの水や水道水には水素はほとんど含まれていませんが、自宅でも作ることができます。
手軽な方法が水素水サーバーを利用するやり方です。
水素水サーバーはレンタル可能です。自宅に設置をすれば、いつでも水素水を飲むことができます。自分で特別なことをする必要はなく、サーバーが自動的に水素水を作ってくれます。
使い方は水素水でない水を使うウォーターサーバーと同じで、注ぎ口のレバーを押す、ボタンを押すなどするだけで水素水が出てきます。
水素水サーバーには3つのメリットがあります。
1つめは、いつでも水素を含んだ水を利用できることです。
水素水サーバーには電極が取り付けられていて、内部の電極が水を電気分解することで水素が発生します。発生した水素を水に溶け込ませて水素水を作っています。水素は小さな分子で時間が経つと水から抜け出てしまいますが、サーバー内で常に電極で水素を発生させていれば、常に水素が溶け込んだ水を飲むことができます。
2つめのメリットは、お手入れが簡単なことです。
普段のお手入れはサーバーを拭くだけです。メーカーによっては定期メンテナンスを行ってくれます。
3つめのメリットは水を自宅まで運んでくれることです。
サーバーで使用する水はサーバーを提供しているメーカーから購入をします。この水には水素は含まれていません。ボトルの大きさは8L~12Lです。大きなボトルですがスタッフが自宅の玄関まで運んでくれるので、買い物をしたときのような重い荷物を持ち運ぶ必要がありません。
デメリットもあります。
それは費用が気になることです。
メーカーによって違いますが、レンタル料は月額3000円ほどから1万円以上です。また、サーバーの電気代と水の購入費もかかります。一般的なウォーターサーバーの価格プラス水素水サーバのレンタル料がかかるため、ウォーターサーバーに比べると高額です。