マグネシウムを使った水素水発生について

2020年9月17日 | からsuisosui01 | ファイル: 水素水.

自宅で手軽に水素水を作れる方法がマグネシウムのスティックを利用する方法です。水の中にマグネシウムスティックを入れるだけで水素水を作れます。
反応性の高いマグネシウムを水の中に入れると、水(H2O)の中の酸素(O2)とマグネシウムが結びついて酸化マグネシウム(MgO)が生成されます残った水素が水の中に溶けだして水素水が完成します。
マグネシウムを使って水素水を作ることには2つのメリットがあります。
1つめは手軽なことです。
水素水を自宅で作る方法には、水素水サーバーを使う方法や水素発生器を使う方法があります。これらはマグネシウムのスティックに比べると費用が高いです。サーバーはメーカーによって料金が違いますが、1か月数千円から数万円はします。ボトルタイプの水素水発生器だと1万円以上はします。それに対してマグネシウムのスティックは1本が2000円ほどです。手ごろな価格で購入できます。1回使ったら終わりではなく、数回繰り返し使用が可能です。
2つめは手軽なことです。
マグネシウムのスティックを使った水素水の作り方は簡単で、水を入れたペットボトルの中にスティックを入れるだけです。8時間ほどすると水素水が完成します。スティックを入れたら放置するだけなので簡単です。
水素水を作るときには注意点があります。
水素は分子が小さくて水から抜けやすいため、マグネシウムスティックを入れた容器のフタを閉めていないと、発生した水素が水から抜け出てしまいます。そのため、ペットボトルやアルミ缶ボトルなど、フタができる容器を使用して水素水を作りましょう。
また、水素水を作った後も水素が水から抜けていくため、作ったものは早めに飲み切るようにします。コップに入れて放置せず、飲みきれないときには容器のフタをして、高温多湿・直射日光を避けて保管をします。
何度かスティックを使用していると水素が発生しなくなるので、そうなったら新しいものにとり換えましょう。


コメントは締め切りました。