自宅で水素水を作る方法

夏にできてしまったシミが気になり、東京・渋谷で評判のしみとりレーザーを受けてきました。
そのクリニックで女医さんから伺った、自宅で水素水を作る方法のいくつかを紹介します。

自宅で水素水を作るには?

§.マグネシウムと水の化学反応を利用する方法
マグネシウムと水は化学反応をすると水素を発生させます。この性質を利用すれば水の中にマグネシウムを入れておくだけで水素水を作ることができます。水素水用のマグネシウムは、マグネシウムスティックとか水素水スティックという名称で販売されており、マグネシウム濃度が非常に高いものやミネラルを含んだものなど多様なものがあり価格も比較的安価です。スティックを水に入れるだけで水素水を作ることができるので非常に簡単ですが、マグネシウムが水に溶解するのを待つ必要があります。また、この方法はマグネシウムを使うので、マグネシウム血症を懸念する意見もあります。

§.水素ガスを直接水の中に入れる方法
水素ガス(水素の気泡)を直接水の中に入れる(混ぜる)方法があります。この方法は工場でガスが充填されて製品として出荷されたり、家庭などではサーバーでガス充填がなされたりします。さまざまな原水に水素を充填することができるので、家庭などで一般的な方法となってきておりますが、物理的に水素を水に混ぜているだけなので水素が抜けやすく、生成後早く飲まなければ気が抜けてしまいます。

§.水を電気分解して水素を生成する方法
水に電極を挿して電気分解するとマイナス極に水素がプラス極に酸素が発生します。このことを利用して水素水を生成する方法です。この方法も家庭などではサーバーによりなされます。電気分解用サーバーは水素ガス充填サーバーに比べて置き型から持ち運び型まで多様な種類があります。このタイプのサーバーは電気分解によりますので、分解されて水に溶け出した電極の金属イオンを摂取してしますことを懸念する意見もあります。

§.まとめ
水素水には、“生活習慣病・癌などの病気”や“老化”の原因になるとされている体内の過剰な活性酸素を減らす作用があり、分子が小さく、脂溶性・水溶性のため、細胞の内側まで浸透し効果的であると言われています。手軽な方法で自宅でも水素水を作ることは可能ですので、水素水を毎日の習慣に加えてはいかがでしょうか。

PR|工務店向け集客ノウハウ生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|ダイエットチャレンジ|
健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|女性向けエステ.com|健康に役立つ口コミ情報|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|