水素水を家庭で作る方法について

2020年9月17日 | からsuisosui01 | ファイル: 水素水.

水素水は健康と美容に良いとして、多くの話題を集めています。水はご存知の様に、水素と酸素が結合したもので、元々水の中には少量の水素分子を含んでいます。
水素水は自然に水のかに存在する水素分子に比較して、多量の水素分子を新たに溶解させた水を指します。
アルミのパウチに入った水素水が市販されており、これを利用するのが手軽で便利と言えます。しかしこの市販品は一般的なソフトドリンクと比較して高く、毎日1リットル程度飲用する事で初めて効果が得られる水素水をこの市販品で賄うと結構費用が嵩んでしまいます。
そこでこの水素水を家庭で作る方法が提案され、各社が機器を市販しています。この水素水を作る方式は大きく分けて3つに大別されます。
その一つは、水素水サーバーと呼ばれる機器で、水の中に水素ガスを直接バブリングで溶解させると言う方法です。作られた水素水は水素の細かな泡で白く白濁しており、水と水素ガスを一緒に飲用するとも言える方法です。
白濁した水素は暫く放置すると空気中に放出されてしまうので、白濁している間に飲む事がポイントです。現在、家庭用で水素水を作る方法としては、この方法が主流となっています。
その他の方法としては、マグネシュウムを含有するセラミックを水の中に投入して作る方法です。この方法ではマグネシュウムスティックと呼ばれる商品にどれだけ多くのマグネシュウムを含有しているかがポイントとなり、その選定が重要となります。
もう一つの方法としては、電気分解を利用して作る水素水があります。この方法用の機器としては、水素バブリング方式と同様に家庭内に設置するタイプや、持ち歩く事が出来るタンブラータイプ等の種類があります。
それぞれの作り方にはメリットとデメリットがありますが、水素水を作ってすぐに飲む必要がありますが、バブリング方式が水の性質を変化させる事がなく、また短時間で作る事が出来る点がメリットがあります。従ってこの水素ガスを直接注入するバブリングする方式が主流となっているのです。


コメントは締め切りました。