糖質をできるだけとらない食事をする

2020年9月17日 | からsuisosui01 | ファイル: ダイエット.

私は、毎日の食事で、今まで白米を食べていたのを食べずにヨーグルトや野菜などを食べるようにしたり、食事内容糖質を含むものをできるだけとらないという生活をすることにしました。

これは、私が白米やパンが好きなためにそればかりを食べてしまい太ってきていたので、ダイエットには糖質制限ダイエットが一番効果があると思ったからです。

今までは、会社へのお弁当も二段弁当で1段目にははくまいを入れていたのですが、それをやめておかずを増やすことにしました。

また、手軽に食べれるからと菓子パンを食事として食べてしまっていたのですが、これもいけないと思い、サンドイッチなどのパンと野菜やタンパク質も一緒にとれるものに変えてみたりしました。

カロリーを減らすのではなく、食べる内容の変更なので、カロリーを考えることはしなくて良いのは助かりました。

ですが、今まで炭水化物を食べていた分をおかずにするというのはなかなか難しいところもありました。

うどんや、ラーメン、焼き飯やオムライスなどの炭水化物を多く含む食事をできるだけしないようにするため、外食をするときは、チキンのステーキとサラダを注文し、白米やパンを頼まないという風にしてみたり、友人とのデザートは、チーズケーキでタンパク質をとれるものにしたりという工夫が必要でした。

このように、糖質をできるだけ抑えた食事をすることで太りにくくなり、今までの体重よりも二キロほど減らすことができました。


コメントは締め切りました。