自宅で作る水素水。そのメリットやデメリットについて。

2020年9月17日 | からsuisosui01 | ファイル: 水素水.

水素水は市販で販売されているものもありますが、自宅で作る方法もいくつかあります。
その作り方や、それぞれのメリットやデメリットをまとめさせていただきます。
一番手軽で、簡単な水素水サーバーや生成期で作る方法。これは水を電気分解して生成する方法で、水に電圧をかけ、酸化還元反応によって水素と酸素を発生させることで水素水を作るというものです。このサーバーにも様々な種類があり、水道蛇口に連結するものや、ミネラルウォーターや水道水をサーバーに注水するものなどがあります。いずれの方法も、常時水素水を飲みたいという方に向いており、設置すると好きな時に好きな量飲めるので習慣的に水素水を取り入れやすいことがメリットだと思います。ただサーバー本体代や設置費用などで初期にかかる費用が1番大きくかかってしまうので、少し試してみたい方にはなかなか挑戦しずらい方法かもしれません。ほかの方法は水素ガスを水に溶かして、水素水を作る方法です。市販で販売されているパウチに入った水素水はだいたいこの方法で作られています。この方法を自宅で行うには水素ガス吸入器が必要になります。水素水吸入器は水素を鼻から吸入できる機器で、水に入れて水素水も作れるというものです。ただ水素水サーバー同様機器の価格が高いです。ただ一番濃度の高い水素水が、短時間でできます。ただ気体状の水素を水に混ぜ合わすので水に溶かすというよりは気体のまま取り入れる形になるため、生成後すぐに飲まないと水素の成分が無くなってしまいます。水を冷やして保存される方にはむいていないでしょう。ただ新鮮な水素が手軽に取り入れられる点はメリットと言えるでしょう。以上2点は少し手が出しづらい方法でしたが、一番家計に優しい方法がマグネシウムを使用する方法です。マグネシウムを水に入れて置いておくだけで水素水が作れます。水中の酸素とマグネシウムを反応させることで水素を発生させる方法で、マグネシウムをスティック状にしたものが水素水生成用として販売されています。使い切りタイプや数か月タイプもあり、サーバーや生成器を購入するより手軽に始められますが、長い目でみるとランニングコスト的には一番高いと言えるでしょう。継続の意思が固い方にはあまりお勧めではありません。また水素ができるまでに、物にもよりますが半日程度かかるのでその点はデメリットと言えるでしょう。
以上水素水の作り方には様々な方法があるので、自身のスタイルに合ったものでぜひ生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。


コメントは締め切りました。